顔の印象を変えることができるリフトアップ

ウーマン

顔のしわや肌のたるみに

レディ

女性は年齢とともにお肌のしわやたるみが出てきます。しかし、リフトアップを行なうことで肌を若々しく変えることができます。また、リフトアップ手術法の中には、手術痕が残らない方法もあるので、安心して受けることができます。

糸や注射で行う場合

ドクター

肌のしわやたるみを減らせる美容手術としてリフトアップがあります。かつては切って縫い合わせる方法が一般的でしたが、最近は糸を使う方法が良く取られています。また、プチ整形などであれば費用を抑えることができます。

切開する整形としない整形

看護師

一度の手術で半永久的に顔がリフトアップする美容整形がフェイスリフトです。プチ整形の場合は半永久的な効果はありませんが、体への負担が少なく、低予算でできます。美容整形で若返りをしたいなら、予算や効果やダウンタイムなどを考慮して手術を選ぶことをお勧めします。

顔のたるみを改善する

ウーマン

施術の内容や流れ

顔のリフトアップをする整形には様々な種類がありますが、その一つがたるみを切除したり皮膚を引き上げる、切るリフトアップです。切るリフトアップの特徴は一回の施術で効果がわかりやすく、他の施術より効果が持続することだと言われています。顔にメスを入れるため、額やこめかみに傷が残ることがありますが、よく見ないとわからないくらい目立たない場合がほとんどです。施術の流れは、まずカウンセリングで医師がたるみの部分などを確認したり、健康状態のチェックをすることから始まります。カウンセリングは施術方法や料金などを確認することや、疑問に思ったことを医師に質問するのに良い機会です。施術日を決め、当日になったら施術前に再びカウンセリングを行ったり、体調のチェックからスタートします。その後メイクを落とすなど施術に移る前の準備をし、顔に施術部分のマーキングなどを施してから、局所麻酔をして施術に入ります。施術中は痛みを感じることがないと言われており、数時間して施術が完了した後、圧迫する処置などを行い終了します。施術後は特に入院などをする必要もなく、薬の説明などを受けた後、普通に帰宅出来ることがほとんどです。翌日以降は内容や状態によって洗顔やメイク、入浴など日常生活の注意点がある場合がありますが、それ以外は通常通りに過ごせると言われています。切るリフトアップは他のリフトアップの施術に比べて実感できる効果が大きく、持続することが期待出来る施術です。