顔の印象を変えることができるリフトアップ

婦人

切開する整形としない整形

看護師

リスクや効果の違い

顔にできたたるみをリフトアップするには、切開する美容整形と切開しないプチ整形があります。切開してリフトアップするのが、フェイスリフトです。フェイスリフトは本格的な外科手術です。メスでこめかみなどを切開して、顔のたるみを上に引っ張り上げてリフトアップします。切開する美容整形はメスを使う分リスクが高いので、名医がいるクリニックで手術を受けることが大切です。また、手術をするともとに戻すのが難しくなります。手術をしてから後悔しないように、じっくりとカウンセリングを受けることも大事なポイントです。切開するフェイスリフトよりも低リスクなのが、切開しないプチ整形です。ヒアルロン酸やボトックスを注入する注入系や、超音波や高周波を照射する照射系などが有名です。いずのプチ整形もメスは一切使わず、注射をするだけ、顔に光線をあてるだけです。手術をしたあとはまったく残らず、誰にもバレないでリフトアップができます。プチ整形はフェイスリフトよりもずっとリスクが低く、そして費用も安めです。ただし、半永久的な効果はなく、いずれもとに戻ります。リフトアップ効果は1年もずればなくなるので、継続してメンテナンスを受ける必要があります。一回当たりの費用は安いですが、何回か繰り返すと、結局フェイスリフトよりも高くつくこともあります。経済的な負担を抑えてリフトアップしたいなら、一回の費用よりも1年でかかる費用を考えてクリニックを選ぶことが大切です。